髪形によって維持費が異なる

できればロングヘアーにしよう

ロングヘアーにすれば、ヘアサロンに行く頻度が3か月に1回程度で済みます。
逆にショートカットだと、1か月から1か月半で再び行かなければいけません。
カットだけでなくシャンプーなどもしてもらうと、利用料金は5000円ぐらいになります、
感覚を空けた方がお得に利用できるので、ロングヘアーにしましょう。
ロングヘアーだと、長くて邪魔だと感じる人もいます。

その場合は、ミディアムやセミロングでも良いと思います。
ショートカットよりは維持費がかからないので、費用を安く抑えることができます。
ミディアムは、顎から肩ぐらいの長さを言います。
セミロングは肩から脇のあたりまでの長さのことです。
髪形を考える時は、維持費も考慮しましょう。

カラーは控えよう

髪の毛を別のカラーにすると、4000円程度の出費になります。
ヘアサロンの費用を安く抑えたい場合は、カラーを入れない方が良いです。
髪の毛にカラーを入れると、負担を与えるので髪の毛がボロボロになる原因になります。
綺麗な髪の毛を維持するためにも、何もしないことを心がけましょう。
髪の毛に負担を与えにくいカラーも、最近は登場しています。

しかし通常のカラーよりも料金が高くなるので、費用を抑えたい人にはおすすめできません。
カラーを入れないで、カットだけで髪の毛の変化を楽しんでください。
またカラーは、失敗した時の修復費が大きくなります。
万が一失敗したら、早く修復しないと髪の毛がずっと変なカラーになってしまいます。


この記事をシェアする